子供のころ、父がパチンコに行って勝つと、お菓子やおもちゃを持って帰ってきてくれるのがとても楽しみでした。母は自分が子育てで忙しく、一緒に連れて行ってもらえないことに憤慨していましたが、子供にとって、パチスロというものは、父がお土産を持ってきてくれるものという印象が強く感じられました。普段毎日仕事で頑張っていて、たまの休みに息抜きがてら出かけ、勝利したら子供達にお土産をくれるというのは、ある意味でいい父親だったのかもしれないなと思っています。というのも、実際にやってみないと、勝負は時の運という言葉や、実際に勝つためにはどれくらいやりこんだらいいかということがわかるので、大人になってから親の勝負運のありがたみを知ることになるのではないかと思います。やっている友人に言わせると、パチプロなどの人々は、かなり多くの台をやりこんでいたり、多くの情報収集を頑張っていたりするので、とても上手なのだといいます。