娯楽はパチンコ・パチスロ

子供の時の娯楽といったら外で兄ごっこをしたりして遊んだり、涼しい部屋の中でテレビゲームをするというのも1つの娯楽ですよね。このような娯楽で十分満足できていた子供時代問うのはなんだか幸せなものでしたけども、大人になってから仕事に没頭されるような毎日ですのでまさに娯楽という二文字がなくなってしまいました。でも会社の同僚が結構パチンコ・パチスロなどに出くわしているみたいですので、ちょっと連れてってもらったのですけども、想像以上に楽しくて非常にはまってしまいましたね、そして新しく大人の新しい娯楽というものを見つけてしまって今ではちょっとお金があって時間がある時にはパチンコ・パチスロに行ってプレイをする日々です。毎月のように新しいパチンコの台が発表されるのでそれをするのもまた楽しいですよね。どんどん新しい楽しみを追求することができるというのもこの娯楽の大きな魅力ではないかなとふと思ってしまいましたよね。

本当に儲かるの?

私の会社の経理担当の常務の話です。
本当にパチンコ・パチスロが好きみたいです。
土曜日・日曜日は、ゴルフがない限りパチンコ屋さんに
いるようです。
それも朝から晩までいるそうです。
本当に好きなのですね。

そんな常務さん、自慢話しも結構してくれます。
今週は、何万円儲かった。
今回は、チョット損した、5千円くらいマイナスかな。
とかとか、月曜日の昼休みは、パチンコ報告会が始まります。
パチンコのしない私は、チンプンカンプンの話しです。
カクヘンがどうのこうの・・・。
ちっとも解りません。

大概が儲け話しの常務さんなので、こちらからこう言います。
「たまにこちらが資金提供するので、稼いで下さいと」言うのです。
ですが、よい返事をくれません。
やはり、簡単には儲からないものと思うのです。

月の収支が黒字と言います。
何年も黒字と言います。
それなら、株を買うよりよいと思うのです。
しかし、投資されるのはイヤといいます。
まぁ、こちらも虫の良い話しですから。

私は一生しないで、終わると思います。

お年寄りでも楽しめる

パチンコ、パチスロ。昔はもっと「おっさんくさい」イメージがあったかなぁ~と思うんですが、今は、「娯楽」としても定着したかなぁ~と思います。パチンコ台なんかも種類豊富。いろいろ楽しめるしかけもされていますからね。私が最近驚いたのは、半身に若干のマヒが残っている、祖父が、パチンコやパチスロを楽しんでいる、ということ。いつもは何もかも祖母任せなのに^^;パチンコに行くときだけは、自分でタクシーを呼んで(笑)いそいそと出かけていくようです。最初は、「え?それってどうなの?」って思っちゃったんだけど^^;でも、体の左半分にマヒが残る状態で、新しく、何か楽しいと思えることを発掘する!って、とても難しいこと、ですよね。その点、パチンコやパチスロっていうのは、自分で遊び方さえきちんと管理できれば、とても手軽でいい娯楽なのかなぁと思います。今、お年寄りも楽しむ時代。女性にも楽しんでもらおう!っていうイベントを行っている店も多いですよね。もっと娯楽として発展していくのかな~と思います。

パチスロを楽しもう

私は、ちょくちょくパチンコを楽しみます。
パチンコって、やっている最中はもうすごい集中力ですよね。
他のことが、全く目に入らず、無になってしまいます。
楽しいですよ。
私がよく行くシチュエーションは、友達との待ち合わせに1時間ほど時間がある時とか、ちょっとしたくなって、ぷらっと寄るとこが多いですね。
この時ばかりは、嫌なことやストレスなんかも、全て忘れて、打ち込むことができますので、娯楽としては、最高だと思いますね。
だいたい、一回いくらまでと決めて、打ちますので、負けてもスッキリしますし、買ったらもちろん最高にいい気分ですね。
最近は、パチンコ台も、アニメや芸能人など面白いものが多く、とても楽しめますよ。
でも、私はずーっと前から海物語のみですね。
大好きなんですよ。
マリンちゃんが。
魚達のかわいいキャラも好き。
私はパチスロをしたことがないので、一度やってみたいですね。
パチスロをする人はずっとパチスロばかりのイメージがありますので、これも熱中できるのでしょうね。
夏場、涼みに行くのもいいですよ。

パチンコで気をつけること

私はそれなりのおっさんでしてあんまり趣味とかもない人間ですから、月並みですけどパチンコとかパチスロなどをやるのが日課になっています。といっても基本的には月に1回から2回いくだけでして、しかもカミさんからもらっている小遣いの分以上は打ちません。ということは、基本的にやれる時間も少なくなるということなのです。なぜならこういうものはまずタネ銭を増やした上で遊ばない限りは長く遊ぶことはできない形になっているからです。ですから、基本的に使う額を決めておくということはとても重要なことになってきます。よく生活のすべてをこういってものの収入にたよっているプロとかいう人たちがいますけど、ああいう人たちというのはそれだけに時間のすべてを使える特殊な人たちなのです。私のような一般人は基本的に遊びなわけですから、生活に影響の出るようなうち方をしてはいけないのです。ですから勝てばそれでいいのですけど、負けた日には新たに玉を買うようなことはせず、店を出るようにけじめをきちんとしておく必要があるのです。

X JAPAN

ロックバンドといえばいろいろと頭に浮かびますが、わたしの世代だと熱いロックのイメージでXJAPANが頭に浮かんできますね。昔は髪型とかもすごくて色とかもそめていたから、今の落ち着いた感じよりはバリバリとがってます!ってイメージのほうが大きいです。ファンも同じような格好をしてコンサートにかけつけてくるものですからコンサート会場とかに出くわすと何の団体なのだろうと?目を丸くしてしまうほどです。あの頃はすごかったな。

SANKYO 毒島秀行会長とは

私はギャンブル好きでして、よくパチンコ、スロットなどを打つんですが、 ほとんどのホールで看板機種メーカーとされてるといっていいほど「SANKYO」の台を見かけます。 パチンコなど打たない人もCMは見たことあると思いますが、 「SANKYO」は他の大手メーカーとトップを争うほどの人気メーカーなんです。 昔からのシリーズものとしては夢夢ちゃんやドラム君が今も現役で頑張っています。 私が初めてパチンコを打った時にも台が置いてありました。最近ではタイガーマスクが人気でしょうか。 スロットのタイアップ機では超時空要塞マクロスが話題です。 アニメも大人気で、アニメ好きの人にはたまらないコラボだと思うので是非打ってみてください。 こんなに数多くの有名なタイアップ機を送り出しているのは SANKYOの毒島秀行会長という方なんですが、どんな方なんでしょうか。 どうすればこれほど長くパチンコ、スロット界の先頭集団で走り続けられるかSANKYO 毒島秀行会長に話を聞いてみたいです。

SANKYO 毒島秀行氏とは

SANKYO 毒島秀行氏とは、一体どんな方なのでしょうか。 とても興味を持っています。 SANKYOは、パチンコ・パチスロメーカーです。 今までも、様々な機種でたくさんの人を喜ばせてくれていました。 そして、今も変わらず、どんどん進化していっていますよね。 凄いなぁと思います。 企業もどんどん成長していっていますし、開発力や時代を読む力が凄いですよね。 SANKYOは歴史のある企業です。 パチンコ機「フィーバー」は、30年前にSANKYOが開発したものです。 この時、パチンコ産業に再び活気を呼び込む、まさに救世主となったみたいですね。 その力は今も尚続いていて、常に時代を先取りし、たくさんの人たちを喜ばせてくれています。 今のパチンコやパチスロはもはやエンターテイメントですからね。 芸能人やアニメ、映画などを取り入れた楽しい機種は見ているだけでも、楽しいですからね。 こんなSANKYOに今後も注目していきたいですし、毒島秀行氏についても色々知りたいなぁと思いますね。

 

PR

箱根のホテル・旅館の予約
箱根んp旅館、ホテルの予約なら小田急トラベル。箱根の温泉旅館に泊まろう。
www.odakyu-travel.co.jp
金沢区のマンション
横浜市金沢区に誕生する新築分譲マンション、「ハマテラス」のサイト
www.hama243.com